田原刃物製作所

sakai knives堺の包丁とは

研

世界でも通用する堺打刃物を

世界に誇る堺の包丁の技術は、5世紀の古墳造営の際に始まったと言われています。巨大な墓を造る際に工事用の金属製の道具が必要になり、鉄の職人が育まれました。その後、平安時代末期から内乱が続いたため、刀の需要が急増し、堺市でも刀が作られるようになりました。16世紀にポルトガルより鉄砲が伝来すると、堺の商人がその技術を習得し、鉄砲ビジネスで成功します。そして、武器となる刀剣の商いを広げ、堺の刃物産業も栄えるようになりました。江戸時代に入り、戦争が無くなると、刀職人は、食材を切る包丁に技術を生かすようになりました。最高の技術を持つ堺市の包丁職人ですが、その産地名は広く知られていませんでした。しかし、今堺市では職人たちが集まり、組合として「堺打刃物」というブランドを立ち上げ、日本国内だけでなく海外からも注目を浴びております。

flow

荒研ぎ歪みとり平研ぎ

木製の型に包丁をはめ、鉄のハンドルを利用したテコ の応用により粗い目の回転研石で全体を荒く研ぐ。刃先の肉を落としていき、角度を決める。 木の台の上で、ゆがみを調整する。

バフあて歪みとりタガネ入れ

また木型にはめ、包丁の平面を研ぎ進め厚さを決める。砥石でついた荒い目を、バフをあてて細かくしていく。金床の上でタガネをいれ、ゆがみを取って、均等に砥石が当たるように修整していく。

本研ぎ刃ひき歪みとり

包丁の刃先を研ぎ、刃をつけていく。刃ひきしながら仮の刃をつけておき再度、ゆがみをならす。

裏研ぎ刃あてバフ

鍛冶ですいた裏をさらに研いできちんとした形にくぼ みを整える。バフを当てて目を細かくし、刃をさらにうすく研ぐ。(刃あて) さらに、120番、220番のバフで目を細かくしていく。

木砥あて歪みとり際引き

木製の回転木砥で「目」をとおしていく。金剛砂を包丁に塗り付け、木砥にあて、きめ細かな裏面にする。その後、ゆがみを修整し、しのぎ筋を際立たせる為、型枠にはめしのぎ筋にそって木片(樫の木など) で摺りつける。

ボカシ小刃合わせ水拭き

砥石の粉をねって泥状になったものをゴム片につけて切刃の部分をこする。これにより軟鉄の部分がくもり、刃金部分は、さらにつやが出て刃紋(刃境)がくっきり浮き出る。そして最後に目の細かい砥石で刃先を研ぎ上げ、かえりなどをとり、切れ味よく仕上げる。

油ひき

水をよく拭き取り、錆び止めの油ひきをします。

完成

最後に柄をつけ箱に入れて完成。